ダイエッターの天敵であるストレスは「青の花茶」でフリーになる!?その効果とは?

 

青の花茶はその名の通り、青い色をしたお茶。

 

青い色!?と思うかもしれませんが、この青色は人工的に着色したものではなくバタフライピーというハーブの色なんです。

 

バタフライピーは美容大国であるタイで昔から愛飲されているハーブのこと。
マメ科のハーブであるバタフライピーは実は美容にかなり高い効果があるんです。

 

まずはそのバタフライピーの青色に含まれている「アントシアニン」という成分。
多分、一度は耳にしたことがある成分ですよね。

 

アントシアニンは高い抗酸化作用を持ち、細胞の老化を防いでくれるのでアンチエイジングに効果があります。
肌にハリやツヤを与えてくれ、さらに眼精疲労の改善にも効果があり、血液をサラサラにしたりデトックス効果も高い、女性にはかなりオススメのハーブ。

 

本当に綺麗なクリアブルーのお茶なので、まるでリゾートに行ったような気分にしてくれるのもオススメの理由の1つ。

 

ただ、このバタフライピーには甘み成分は含まれていないので、美容にいいだけではダイエット中の甘み補給を求める女性は満足しないですよね。

 

この青の花茶の甘みを引き出しているのは、古くから飲まれている健康茶である「甜茶」のおかげ。

 

甜茶は砂糖の75倍から100倍もの甘さがある上、その甘味成分は体には蓄えられない性質を持つんです。

 

なので青の花茶はカロリーゼロ、ゼロシュガー、ゼロカフェインなのにとっても甘い、見た目も心も体も癒されるスーパーハーブティーなんです♪

 

ダイエット中のストレスをスッと取り除いてくれる効果のある青の花茶は、今SNSでも爆発的に人気が高まっているんですよ♪

 

公式サイトはこちら!

青の花茶

https://lp.aonohanacha.jp/

 

 

★ストレスで太る!?ダイエットとストレスの関係って??

 

ダイエットには付き物のストレス。実はダイエットをしてもなかなか痩せないのってストレスが原因かもしれないんです。

 

「ストレス太り」という言葉があるように、ストレスを溜め込むことが勝手に痩せにくい体へと変化させているのかもしれません。

 

その理由として挙げられるのが、ダイエットを成功させる鍵となっている「基礎代謝」

 

基礎代謝はストレスを受け続けると大きく低下してしまうことはご存知ですか?
強いストレスを受けると体調を崩してしまうように、本当にストレスというものは体にいい影響を与えないものなんです。

 

まず、ストレスが原因で起こる「血流の悪化」
ストレスを受けることで交感神経が刺激され、その結果血管は収縮。血流が悪化してしまうんです。

 

血流が悪化すれば全身に栄養や酸素を届けることが出来なくなってしまうので、様々な臓器に悪影響が出始めます。そして基礎代謝が低下してしまうんです。

 

ストレスで太る原因は他にもあります。
体の中にコチゾールというホルモンがあるのですが、コチゾールはストレスを感じると分泌されるホルモンの1つで「ストレスホルモン」とも呼ばれているもの。

 

コチゾールが体内で分泌されるとインスリンも同時に多く分泌されます。
インスリンは血液中の中性脂肪を細胞内に取り込んでしまう働きを持つので、ダイエット中に必要以上に分泌されてしまえば体脂肪が増えてしまう原因となってしまうんです。

 

体脂肪を減らしたい!と思ってダイエットをしているのに結果的にストレスで体脂肪を増やすホルモンを分泌してしまっていれば本末転倒!

 

ダイエットにストレスが厳禁!というのにはちゃんと理由があったんですね。

 

★ストレスが溜まると甘いものが欲しくなる理由って??

 

ダイエット中にストレスが溜まると、無性に甘いものが食べたくなってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

実はこれ、すでにカリフォルニア大学の研究グループがちゃんと検証していることなんです。

 

検証結果によれば、甘いものを口にすることで、ストレスホルモンであるコチゾールの生成を抑えることが出来るみたいなんです。
コチゾールとは先ほどお話しした通り、インスリンの分泌も増やしてしまうホルモンなので、コチゾールの分泌を減らせば体脂肪が無駄に体に付く事もなくなります。

 

ストレスが溜まった時に甘いものを欲してしまうのは、体が糖分を求めてたからなんですよね。

 

ただ、ここで大量の糖をとってしまうのは実は逆効果。血糖値を急上昇させ、その後急下降してしまうと余計にイライラがつのったり肥満や糖尿病のリスクも高まります。

 

ストレス解消に役立つ「甘いもの」は適量を心がけましょう。

 

青の花茶は体に蓄えられない甘さを使っているので、ダイエット中の甘いもの補給には実はもってこいなんですよね♪

 

公式サイトはこちら!

青の花茶

https://lp.aonohanacha.jp/

 

 

★青の花茶はどこで買うのが正解?薬局?ドラッグストア?

 

じゃあ、ダイエットを成功させるために青の花茶を飲んでみよう!と思った人の為に、青の花茶はどこで買うのが一番安くて簡単なのかを調べた結果をご報告しますね。

 

最近はドラッグストアーでも「健康茶」「ダイエット茶」などをたくさん見かけますが、この青の花茶はドラッグストアーや薬局などの店舗では購入する事が出来ません。

 

ちょっと変わったお茶なので、一般店舗でも売り出せばもっと話題になると思うのですが。

 

でも購入出来ないのなら仕方ありません。
ネット通販で探してみました♪

 

大手通販サイトである楽天やAmazonなどで探してみたのですが、今のところどこも取り扱いはしていないようでした。

 

yahoo!ショッピングやヨドバシでも探してみましたが見つからず。

 

青の花茶を買うにはやはり公式サイトしか方法がないようでした。
もっともっとSNSなどを通して話題になれば、楽天などでも取り扱う店舗が出てきそうですけどね。

 

公式サイトで販売されている青の花茶。価格は単品の通常価格が5,680円。

 

うーん、ダイエット中のストレスホルモンで無駄な脂肪をつけずにいられると思えば安いもの?とも思いますが、ハーブティーに5,680円はやっぱり高いかな?という気持ちも拭いきれません。

 

ただ、定期コースである「ラクトクコース」の金額なら話は全く変わってきます。

 

ラクトクコースなら初回はなんと79%オフの980円。
2回目以降も20%オフの4,580円で買う事が出来るんです。

 

ただ、定期コースなので最低継続回数は4回。

 

4回分でかかる合計金額は14,720円。

 

これを高いと思うか安いと思うかには個人差があると思うのですが、単品で買うよりはるかに安いのは間違いありません。

 

ダイエットはリバウンドしない為にも、最低でも3ヶ月から半年は継続して続けたいもの。
その間の甘いもの補給に限定して考えれば結果的に痩せやすい状態をキープしながらダイエットができるのでお得かもしれませんね。

 

しかもこのラクトクコースには30日間の返金保証がついているので、もし味が苦手だったりハーブが体に合わなかったりする場合は返金してもらえるので、お試し感覚で飲んでみる場合も、単品で購入するよりラクトクコースで購入した方が安心かもしれませんね。

 

公式サイトはこちら!

青の花茶

https://lp.aonohanacha.jp/

 

 

★青の花茶の口コミ、味は?効果は?副作用は??

 

青の花茶について、実際の効果をもっと知りたい!という人の為に、実際に使ってみた他の人の口コミもちゃんと調べてきました♪

 

◯ダイエット中にどうしても欲しくなる甘さをカバーする為に飲み始めました。思っていたよりもスッキリした甘さなのでお砂糖とはちょっと感じが違いますが、本当に1杯で癒される!透明のボトルに入れて持ち歩くとみんなに、それ何!?と聞かれます。

 

◯夜のご飯の量をかなり減らしているのでどうしても寝る前にお腹が空いて…そんな時にこれを一杯飲みだけで体もあったまり、ほどよい甘さが眠りにつきやすくしてくれます。

 

◯ダイエット中でも我慢のならない時はお菓子をつまみ食いしてしまう癖がやめられず。でも青の花茶を飲むと少し空腹感も紛れるし、甘いので心がちょっと満たされて無駄な間食を減らすことに成功!その調子で体重もどんどん落ちて1ヶ月で3キロ以上減らす事が出来ました!

 

◯もともと甘い紅茶が大好きだったので、ダイエット中はこれ!と決めて飲み始めました。まだ短期間なので体重に変化は出ていませんが、肌のツヤが良くなってきた気がします。

 

◯最初はその澄んだ青さに驚きましたが、味はちゃんとハーブティー!イライラしてしまう時に飲むとホッと一息ついて気分転換になるので、ダイエットしていない時も欠かせないドリンクです。

 

◯レモンを入れて紫にして飲むのが楽しくて。子どもも隣で見てその綺麗さにウットリしているので、親子で楽しめています。普段飲みするにはちょっと高いので、結局飲むのは私だけですけど(笑)

 

◯ダイエットのストレスはかなり軽減できていると思います。甘みがあるので、ただの健康茶よりも美味しく飲めるので幸せです♪

 

など、ダイエット効果だけではなく「目で楽しむ」事が出来る青の花茶。実際の効果についても高評価のようでした。

 

ちなみに青の花茶に副作用があるか、については口コミの中で副作用らしき作用があったとの口コミは見つける事ができませんでした。

 

ただ、公式サイトのQ&Aには「まれに体に合わない場合があり、体質や体調によってはかゆみや発疹、胃腸の不快感などが生じる事があります」との記載がありました。

 

ハーブティーなので、ハーブの効果自体が体質に合わない人もまれにいるようですね。
ですが、たくさんの口コミを見てみて副作用らしき口コミは見つけられなかったので、それほど多くの人に痒みなどが起こるわけではなさそうですね。

 

公式サイトはこちら!

青の花茶

https://lp.aonohanacha.jp/

 

 

★青の花茶で効果がでない人っているの??

 

高評価の多い青の花茶ですが、やはり効果の出方には個人差があるもの。もちろん、ストレス解消になったり体重減少のサポートをしてくれたりと効果を実感できる人もいれば、なんの為に飲んだのか…と残念ながら効果が実感出来ずガッカリした人もいます。

 

青の花茶はいわゆる「ハーブティー」なので、それぞれのハーブに効果効能はあれど、青の花茶自体に「飲むだけで体重がみるみる落ちる」などの効果はありません。

 

むしろ、何かを飲むだけで体重がみるみる落ちるから食事制限も運動も何もしない!というのであれば、そもそもストレスとは無縁ですよね。

 

公式サイトにも「3食いつも通り食べてもオッケー!」とありますが、もちろん3食いつも通り食べるのであれば青の花茶を飲むだけで体重が急激に減ることはないと思います。

 

青の花茶は多少なりとも努力を伴うダイエットをサポート&ストレスを軽減する効果があるものなので、体重を落としたいのであれば少しだけでも今の生活環境を変えてみてくださいね♪

 

ちなみにこの青の花茶、味が苦手!という口コミもいくつか見つけられました。
ハーブティーなので、苦手な味という人もいるかもしれません。

 

でも味の好みも個人差が大きいものなので、ここは試してみるしかないと思います。
どうしても苦手だったら30日間の返金保証制度を使って返金してもらっちゃいましょう!

 

★青の花茶が紫になるってどういうこと??

 

口コミにもあったように、実はこの青の花茶、ある方法を使って色を綺麗な紫にすることができるんです。

 

それが「クエン酸」

 

バタフライピーの青色はもはや「飲む芸術」と呼ばれているほどのものなのですが、その名称の由来は青さだけではないんです。

 

バタフライピーに大量に含まれているアントシアニン。このアントシアニンとレモンやライムに含まれている酸味成分クエン酸が反応して一瞬で紫色になるんです。

 

もちろん、成分的にも効果にも変化はなく、ただた水彩画のような澄んだ色に変化するだけ。

 

この色は「淹れたときの茶葉などの量」や「蒸らし時間」「レモンやライムの量」などによって様々な濃さに変化するので、少しずつレモンを足してみたりして目で楽しめるのも青の花茶の人気の秘密なんです♪

 

★ボトルで持ち歩きやすいように作られている!?

 

最近流行りのマイボトル。透明のプラスチック素材で出来ているものも多く、オシャレなのに安価で手に入る事もあって持ち歩いている人は多いですよね。

 

ただのお茶を入れていてもちょっと可愛く見えるのに、この青の花茶を入れると人目を引くこと間違いなし!

 

ただ問題なのは、ハーブティーはティーバッグを入れっぱなしにしているとどんどん苦味や渋み、えぐみが出てしまい、飲もうと思った時には美味しくなくなっていること。

 

でも、家でハーブティーを淹れて、移し替えて…なんて手間はちょっと面倒!

 

でも青の花茶ならそんな問題考えなくてすむんです。

 

青の花茶はタンニンを控えめにした独自製法で作られているので渋みやえぐみが出にくくなっているんです。

 

タンニン??ワインなどでよく聞く、あのタンニン?と思った人は大正解。

 

赤ワインなどはその渋みがまた味わい深くなる飲みものなのですが、その渋みはタンニンが左右するもの。

 

タンニンはポリフェノールの一種で、口の中に入ると舌や口の中の粘膜のタンパク質と結合して変性。この変性によって感じるのが渋みなので、タンニンは実は味覚というより触覚に近い成分なんです。

 

このタンニンを控えめにすることで、口の中で感じる渋みを軽減。時間が経っても美味しいままのハーブティーを飲める、という事♪

 

仕事中にホッと一息つきたい時でも、サッとボトルを出して飲めちゃう青の花茶は持ち歩き用としても抜群なんですよ♪

 

★飲み方のアレンジが豊富で楽しくなっちゃう♪青の花茶オリジナルドリンクを作ろう!

 

青の花茶はその色を生かしたアレンジ方法が豊富で、自分だけで飲むのがもったいなくなってしまうほどのアレンジが可能♪

 

一番オススメのレシピは「ソイミルクティー」
女性に嬉しい効果でいっぱいの豆乳を使ったレシピです。

 

まずは青の花茶を濃いめに入れます。
濃いめに作るには300mlから500mlのお湯を注いで、5分ほど蒸らしてください。

 

グラスに豆乳を入れた後、そっと青の花茶を注ぎます。豆乳の方が重たいので下に豆乳、上に青の花茶の綺麗なグラデーションが完成。

 

この時、そっと入れても混ざってしまう時はグラスにストローを入れ、そのストローを伝せるようにして青の花茶を静かに注ぐと綺麗に分離します。

 

なかなか青色の飲み物は他にないのでカフェでも出てこないカラーのドリンクにウットリしちゃいますよ♪しかもミルクティーのような味になるのでお客様にも出せちゃいます。

 

オレンジジュースと混ぜる事でピンクがかった紫色にする事ができ、おもてなしドリンクのレパートリーも増やせちゃうんです♪

 

1人で飲むのがもったいないくらい素敵なオリジナルドリンクを作っちゃいましょう♪

 

公式サイトはこちら!

青の花茶

https://lp.aonohanacha.jp/

 

 

★売り切れ続出!欲しい人はチャンスを逃さないで!

 

SNSでバタフライピーが話題になった事から、実は青の花茶は発売以来ずっと品薄状態が続いているんです。

 

欲しい!と思った時には売り切れていたり、再販が始まるまでに時間がかかってしまう事も。

 

公式で品薄が続く限り、他の通販サイトにまで在庫が回る事は考えられないのでとにかく、欲しい!と思ったタイミングが購入のチャンス。

 

青の花茶は2ヶ月飲み終えた時の実感率は25.3%。
あんまり実感率は高くないのかな?と思いきや、4ヶ月以上飲み終えた人は96.2%が効果を実感できちゃっているんです。

 

続けて飲むだけでその効果を感じられるのであれば試してみる価値はありますよね!

 

大人気ハーブティー、売り切れる前に買ってSNSに載せちゃいましょう!

 

★まとめ

 

青色は色彩心理学でいうと「リラックス」と「抑制」の色。心を落ち着かせてくれるリラックス効果にプラスしてダイエット効果も期待できるハーブティー。

 

実際に飲んだ人の口コミを見る限りでは体重が減る、というダイエット効果よりも、癒しを求める女性の心をしっかりと癒してくれるリラックス効果の方が実感しやすいハーブティーだと感じました。

 

ダイエットの際にはどうしてもストレスと戦わなければいけません。
でも1人で戦うよりも、心強い仲間がいた方が勝利しやすいのは当たり前!

 

そんな仲間になってくれるのがこの青の花茶です。

 

個人的なオススメポイントは、色が出なくなるまで何度だって継ぎ足しをしながら飲めること。

 

マグカップにティーバッグを入れ、お湯を継ぎ足しながら何度でも飲めるのはやはりタンニンを控えめにしているおかげ。

 

その分、コスパもかなり良くなるので、他のダイエットティーや健康茶などと比べても高い!とは感じないのがオススメポイントです。

 

ダイエット中に「甘いものが欲しい!」とどうしてと思ってしまう人は、この青の花茶を片手に甘いものを飲みながらダイエットしてみてはいかがですか?

 

きっと今までとは全く違う、ストレスフリーなダイエットができると思いますよ♪

 

公式サイトはこちら!

青の花茶

https://lp.aonohanacha.jp/